読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

連絡先

なんで連絡先渡さなかったんだー!


自分のバカヤロー!!



福岡から来たというOLさんと、山口の看護師さん



なにもないだろうけど、渡すことに意味があるんだろ!


あんだけママさんにアシストしてもらっていながら…








もうっ!!

うみのこえ

飲みたくて飲みたくて悶えていたら、報道部にいるカメアシさんから一本の電話が。




『今から飲み行くぞ』






もうなんなのよ。この偶然は。





会議を終え、すぐに居酒屋へと向かう。

そこにはいつも自分をいじってくれる同い年のカメアシさんと、これまた同い年の初めましてのカメアシさん二人が。

3人で乾杯。





f:id:daichoman:20160826161255j:plain




ほんっーとに楽しくて嬉しくて肩に力入れなくても話せる人がいるってのはすごくありがたい



今後のこととか、下世話なこととか、苦しんでることとか、いっぱい話して、聞いてもらって。




居酒屋を出て、カラオケに行くことに。

持ち込みOKなとこなので、コンビニでジュースやらお菓子を買い込んで入店。




カメアシさんのさだまさしと、くるりの東京、最高やったなぁ。。


自分もウルフルズの暴れだすを気合い入れて歌いました。。



深夜2時、そろそろお店を出る時間が迫る。



するとカメアシさん

『これ、君が歌って』





画面には浦ちゃんの海の声。



カメアシさん『最後、君にこれを歌わせたかったんだよ』







な、なんて素敵すぎるんだ…



めちゃくちゃ想い込めて歌わせてもらったよ!!






最後の最後はみんなで、斉藤和義の唄うたいのバラッドを熱唱して終了。




カメアシさん『ね、この人連れてきてよかったでしょ?いい人だから。』






ほんとはカメアシさん二人で飲むところに、自分が誘われてたみたい。自分からなかなか誘う勇気がないから、誘ってもらえるのがありがたい





カメアシさんもいろいろ悩んでるとこがあるみたいで、帰り道、自分に懺悔もしてて。

みんな、いろいろある。

そのカメアシさんも今年いっぱいで会社を離れるそう。

寂しいけど、みんなそれぞれの道を歩んでいってる







また、飲みましょう!

ぐっちゃぐちゃ

f:id:daichoman:20161117221153j:plain




感情がぐっちゃぐちゃになってる





飲みたい



自分で消化しきれんで
誰かに吐かんとやばいやつ








あぁもう!

なりたい自分

f:id:daichoman:20161004205444j:plain




『ぼんやり生きてるだろ?だからできないんだよ。一回信用を失った者は、取り戻すのに、3~4年かかる。5年先、1年先と言わず、1週間、三日先先のなりたい自分をイメージして突き進まんと』

志ば漬

京都特集の編集をしている。




編集すると腹が減る。とにかく腹が減る。




カツ特集のときはとんかつを、
デカ盛り特集のときはデカ盛りを、
ハロウィン特集のときはかぼちゃスイーツを、

…といった具合に、目の前の画面に写し出されたものが食べたくなって仕方がない。




f:id:daichoman:20161015195741j:plain


きょうの晩ごはんは、しば漬けを食べると決めていた。

家には京都取材で老舗のお漬け物屋さんからお土産に頂いた、京漬け物がある

炊きたてごはんとしば漬、それにお味噌汁があれば最高じゃないか






…なんて思ってたんだけど、仕事帰りに飲み物を買おうとスーパーに寄ったのが間違いだった

商品を物色していると、あれもこれも食べたくなって、結果こんな晩ごはんになってしまった






f:id:daichoman:20161015195917j:plain


・がんもと揚げ出し炊いたん
・鰹のたたきサラダ
・鶏の竜田揚げ(惣菜)


しかもスーパードライまで…




鰹のたたきには、中原さんから頂いた島原にある松本農園のしょうがみじん切りをたっぷりと。

これがうまい。

全然辛くないし、食感もさくさくで薬味として100点のお仕事

鰹には、やっぱしょうがだね





しば漬けも酸っぱくてご飯にめちゃくちゃ合う。



取材で出会ったしば漬けの社長から肩を叩いてもらって『がんばれよ』と応援してもらったんだから、いい特集にしなくては。





ご馳走さまでした。