読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベテランCa

「先を読むこと。ふたつみっつ先を見据えること」

 

「だいちょまんは成長ないもん(西川Ca)」

 

 

 

 

「努力してる人が成功しているとは限らない。ただ、成功している人は努力している。」

 

「努力の量は人それぞれ違う」

 

「お前が決めるんだよ!リポーターやカメラマンに甘えんな!」

 

「この仕事を長くしている人は、この仕事が楽しいと思ってるよ」

 

「いままで新人で出張を楽しいって言ったやつはおらんよ。お前が大物かバカか、どっちかだな」

 

「人間、何も言われなくなったら終わりだよ。だから今頑張るんだよ(宮下Ca)」

 

 

 

「お前のそういう所がかわいんだよなぁ。でもな、今は、リポーターの女の子にかわいいかわいいって言ってもらえるけど、これが一年後二年後ってなったら」

 

「お前は時間にルーズなところがある」

 

「分からんことがあったらまずひとに聞け」

 

「お前の顔も見たくない。一番かわいそうなのはリポーターの子ぞ?お前が仕切らんばとぞ」

 

「人間、コミュニケーションで(木戸Ca)」

 

今の私

f:id:daichoman:20160926120707j:plain



ゴキブリみたいな生活

学天即、ロボット

だって自業自得やん

君のためじゃない、放送の品質を守るため

怒るを通り越して、呆れることすらなくなった







自分に甘く、甘く、甘く

おなじことを何回も何回も言われても改善がなく

人に迷惑ばかりをかけている







そんな、今の私。

友情&恋愛&お泊まり

今日の言葉「友情と恋愛は、紙一重やもんねぇ(おくらアナ)」

f:id:daichoman:20160815234519j:plain





控え室前をたまたま通りかかったら、聞こえてきたおくらさんの言葉。女性リポーターさんからの恋愛相談を受けてたっぽい。気になる。。




独り身の自分は今夜会社に泊まって編集作業。。

肉入りチャーハン

f:id:daichoman:20160920162143j:plain



今日の言葉:「素人さんのよさをどれだけ引き出せるか、だよね。素人さんだからこそ説得力がある、ってことだからさ。どう対応すれば面白くなるか分かるまでが大変なんだけどね。みんな真面目すぎるんだよ、どんどんいっていいんだよ(おくらアナ)」





予定調和がだいっきらいなおくらさんが、取材後のタクシーの中で語ってくれたこと。


中華料理屋のマスターがおちゃめでマイペースなひとだと分かった瞬間、その後のおくらさんの勢いといったら。


いい感じにマスターをイジって笑いが生まれ、場を和ませてくださいました


すごいよ・・・すごすぎるよ・・・





Caマウさんも優しくて、いいカットをたくさん撮って下さってありがたい





あとはその素材をディレクターである自分がどれだけ料理できるかにかかっている



こりゃ寝られない日々が続くな。練って練って寝てはいられない








お土産に頂いた甘いあんかけのかかった肉入りチャーハン、とってもおいしかったです。


放送は今月26日(月)!

半年経過

テレビディレクターとして、もうすぐ半年が経つ。

 

4月にテレビ制作会社に入社。朝の情報番組づくりに携わらせて頂いている。

 

毎日が勝負。

 

契約社員という身分である以上、仕事ができなければ次回からの更新はされない。

 

正直言って、今の自分の力量ではデッドゾーンにある。

 

仕事ができていないのだ。

 

もうバカなフリして、人に聞くこともできなくなる期間に突入している。

 

 

 

 

現在24歳。

 

この半年間で、いままでに考えられないくらいの人との出会いがあった

 

そして、どれだけ自分のために言葉をかけてくださったことか。

 

忘れないために、少しずつブログに書き記していこう。

 

 

 

f:id:daichoman:20160919103753j:plain

 

今日の言葉①:「もう、まっちゃんは24歳なんだよ?ものごとは最後までハッキリと話さなきゃ。今まではそれでよかったかもしれないけど、モゴモゴ言ってる40代50代のおじさんなんて嫌でしょ?今のままだとそうなっちゃうよ。変わるなら今しかないんだよ(大道具さん)」

 

 

今日の言葉②:「これ(キー局放送作家さんが書いたノウハウ本)、君が買ったの?何回読んだ?1回?こういうのは、最低でも7回は読まなきゃいけないよ。一回目は単純に面白さを求める為。2~3回目は面白いと思った所に線を引く。それ以降は、なんで面白いと思ったのか、面白くないと思ったのかを考える。そうして、自分のものになっていくんだよ。ひっかかる感覚が大切。これは本に限らず、テレビでもなんでも一緒。コーナーごとに掘り下げて考える。キー局でもぐっと小さくすればローカル局でも使えるから。明治時代に作られた本や昭和の漫才でも、今見ても面白いものは面白いでしょ?面白い人の発想というのは、いつの時代でも変わらないから。何回も読み漁って、自分だけの参考書をつくること。分かった?(中原D)」

 

 

 

坊主

坊主にして3週間が経った。

全体的に髪が生えてきて、みたんなくなってきたので美容室へ。

整えるだけなので、あっという間に散髪終了。





翌日、職場にて。

凄腕のディレクター、イワサキさんから声をかけられる。



「あれ、まっちゃん?髪切った?」



な、なぜ気づいたー!!

自分でも鏡見て、よく分からないレベルの変化だったのに!




イワサキさん「まっちゃんのことはなんでも知ってるから 笑」





やっぱできる人は、ちょっとした人の変化でも気づくのだなぁ





そーゆーディレクターに、私はなりたい。