ひきょうもん

僕は…ひきょう者だ




人の言う通りにしか動けなくて

都合が悪いことがあると人のせいにして

「お前はどっちの味方なんだ!」って心のなかでは分かってるくせに、人が発する影口に神妙な顔しながら頷いて

相手に非があっても反発できなくて

人の優しさを平気で踏みにじる






人に嫌われたくないがための、情けない自己防衛






僕の笑顔も優しさもほんとのところ嘘なのかもしれない






自分に嘘つくんじゃねぇ





だから人を愛することもできないんだろ


自分の人生だろ…もっとぶつかっていけよ…







ギルド

ギルド