おぐらチャンス

『いらっしゃーい。お水どうぞー』

「あ。ありがとうございます」

『いい天気ねー』

「ほんとですねー。洗濯物日和といいますか」

『いや、洗濯日和というよりも…』

「あ、観光日和ですかね」

『そうそう。ところであなた、観光の方でしょ?』

「え…?ま、まぁ、そうですね」

『一目で分かったわ 笑』

「ハ、ハハ…」




f:id:daichoman:20151029175234j:plain






『どうだった?ゆっくりできた?』

「あ…ゆっくりできましたー」




(広い座敷にだいちょまんひとり、隣には修学旅行中であろう女子中学生4人組のみ。そわそわしてしまってゆっくりできるわけない)





『ちゃんぽんはおいしかった?』

「はい、大好きなイカがたっぷりで最高でした」


(清湯スープのあっさりちゃんぽん。白湯スープ好きなだいちょまんには好みじゃなかった)







『あなたさ…オグラシュンに似てるって言われない?俳優の』

「(オグラ…?)あ、もしかして、小栗旬のことですか?」

『そうそう!絶対似てるわよ!一瞬こう…ふとした瞬間、目線によっては。あなたが入って来た瞬間そう思ったのよ!』





(だからお店で働いてる奥様たちにチラチラ見られてたのか。自意識過剰じゃないか心配したのが損だよ…)






『オグラシュンに似てるって言われない!?』

「(オグラ…)えっとー、まぁたまーに言われたりー言われなかったりー」



(オランナープランナー!なんて言えるわけがない)







『えーそうなのー??言われてるでしょー』

「うーん…笑。自信になります。ども!ごちそうさまでした!」

『観光楽しんでねー』






顔が小栗旬に似てるって言われるのはありがたいけど、その中身はおどおどしてる小倉久寛なんだなぁ…泣