読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忘れる春

外を歩くと、春のにおいがする。




…春のにおいがニガテだ。

春休みを思い出すからだろう。

担任は誰なんだろう、仲のいい子と同じクラスになるかなぁ、もう僕に優しく接してくれた先輩はいないんだよなぁ…と、あの心もとない感じ。






『梅の花びらしか季節の到来、教えてくれなくなった』




くるりのTheVerandaが脳内BGM。


毎年、同じ事を考えてるんだろうな。


ブログに書いても、すぐ忘れてしまうんだろうけど。






きのう、ふかわりょうのラジオがやってるのを思い出して聴いた。

とある若い女性と電話をつないでいて、その内容は面接を受けた介護職の不合格通知が1か月後も経ってから、というものだった

女性はやりきれない思いをぶちまけていた

ふかわさんは、長く生きているとそんな理不尽はことはたくさんあるよ、ステッカーあげるからまた電話してね

…なんか、ドライな感じだった




女の子の悩みより、放送時間を気にしてるような扱いに、もやっとするものがあり、すぐに聴くのをやめた

深夜時代のBGMもなくゆったり語っていたロケットマンショーはもうやっていない





あまり利用しない駅構内に入ると

先にベンチに座っていた、僕より若そうな男性が話しかけてきた

だぼだぼの服を着てて、手にはなんかよくわからない文字のタトゥーみたいなのがついていて、金髪のやんちゃそうな男の子




『あの……やっぱりタバコって向こうで吸わなきゃいけないんですかね?』




ちょっと歩いたところに灰皿が。

最近はどこもかしこも禁煙。

男の子なりに気を遣っていたのだろう




「う~ん…ここで吸ってもいいと思いますよ」




なんの根拠もなく、だいちょまんの謎の許可。




ダメだと思うのなら、吸うのはやめなさい




やっちゃいけないことをやる男、だいちょまん。

そのまま、自分にお返しします。

プロデューサー、ごめんなさい。






きょうはちゃんぽんをつくる。

具材はレタスとミックス野菜と野菜天ぷらと豚バラとベビーホタテ

ほんとは牡蠣ちゃんぽんにしたかったけど、インフルからの病み上がりなのでベビーホタテ

隠し味に、お肉屋さんで購入した豚のカリカ

久留米ラーメンに入ってる、ラードの残りかす

香ばしさもオイル感もアップ。

家ちゃんぽんもたまにはいいもんだ。






もう童貞に苦しめられることもない

次の童貞に苦しめられるだけのこと。

次の次の童貞、次の次の次の童貞。

足をピンとしてオナニー。

ごめんね、手で出しちゃって。






銭湯にでも入ろう

あたまんなか、まるでねこのよう。

ねこに失礼。